地域情報無線システム導入実績

HOME | 地域情報無線システム | 地域情報無線システム導入実績

導 入 実 績

全国において近年、線状降水帯による豪雨災害が頻繫に起きています。
電源喪失により、行政防災無線も聞こえない状態になっています。
 
地域情報無線システムは、自助・共助の観点から、自治会単位でトラシーバーにより移動しながら、又は自宅に居ながら水害、災害情報をリアルタイムに地域の方へ情報発信するシステムです。
 
市町村の依頼があれば、行政防災無線が対応できていない、山間部地区に行政防災情報の組込みも可能です。

 

頻繁に起きる豪雨災害

いつどこで起きるかわからない豪雨災害。もはや100年に一度の大雨が、毎年起きても不思議ではありません。大切なのは想定外をなくすこと、準備を怠らないことです。

 
 

地域情報無線システム

自治会単位で地域の方へ水害、災害情報をリアルタイムに発信します。

 

 地域情報無線システム導入実績

 

2014

大分県中津市山国町 平小野地区(デジタル設備)

大分県日田市石井町 石井町2丁目自治会(アナログ設備)

2015

大分県宇佐市清水町 清水地区自治会(デジタル設備)

大分県日田市水目町 水目町自治会(デジタル設備・市防災連動

2016

大分県日田市石松町 石松町自治会(デジタル設備)

2017

大分県宇佐市尾永井 尾永井地区自治会(デジタル設備)

大分県日田市丸山1丁目 丸山1丁目自治会(デジタル設備)

大分県日田市日ノ隈町 日ノ隈町自治会(デジタル設備)

2019

大分県日田市上野町 上野町自治会(デジタル設備・市防災連動