地域情報無線システム

地域情報無線システム

HOME | 地域情報無線システム | 地域情報無線システム

SERVICE

/ 地域情報無線システム

素早い情報が、あなたを守る‼

無線による告知設備「地域情報無線システム」

 
東日本大震災以来、九州北部大水害等、50年に一度、100年に一度という災害が近年異常に発生しています。
 
自分の身を守るには、素早く情報を得て情報を共有し、最良の避難を考える。
その行動を当社は応援します。

素早い情報が、
あなたを守る‼

無線による告知設備
地域情報無線システム」

 
東日本大震災以来、九州北部大水害等、50年に一度、100年に一度という災害が近年異常に発生しています。
 
自分の身を守るには、素早く情報を得て情報を共有し、最良の避難を考える。
その行動を当社は応援します。

MORE DETAIL

/ 地域情報無線システムの活用場所

 

こんな場所での導入がおすすめです

MORE DETAIL

/ 活用場所

 

こんな場所での導入がおすすめです


どこにいてもトランシーバーで放送できる

スピーカーや受信機から広く聞こえる

動画で見る地域情報無線システムの仕組み

   

1台に3通りの情報受信機能を搭載

1台に3通りの
情報受信機能を搭載

1.呼びかけ放送機能
(デジタル簡易無線機よりスピーカーへ送信)

●町内会長の緊急案内が一瞬で全戸へ!
●連携スピーカー設備へ一斉送信

2.ご近所同士で無線による通話
(特定小電力無線機モード)

●通信費無料で気軽に通話。
孤独、孤立を解消!

●いつもご近所に誰かいる安心感!

3.一般のラジオ放送受信
(AM/FM放送受信)

●AM放送とFM放送を5局設定可能なほか、アップダウンボタンでチューニング可能!
●災害発生時には、ラジオは重要な情報源!

1.呼びかけ放送機能
(デジタル簡易無線機よりスピーカーへ送信)

●町内会長の緊急案内が一瞬で全戸へ!
●連携スピーカー設備へ一斉送信

2.ご近所同士で無線による通話
(特定小電力無線機モード)

●通信費無料で気軽に通話。
孤独、孤立を解消!

●いつもご近所に誰かいる安心感!

3.一般のラジオ放送受信
(AM/FM放送受信)

●AM放送とFM放送を5局設定可能なほか、アップダウンボタンでチューニング可能!
●災害発生時には、
ラジオは重要な情報源!

=地域無線情報システム= 主な特徴

=地域無線情報システム= 
主な特徴

■本製品、デジタル簡易無線用戸別受信機について

  • AM/FMラジオ放送が受信できます。
  • 特定小電力無線機、及びアマチュア無線周波数の一部も受信できます。
  • 特定小電力無線機としても使用できます。
  • 通常は電源アダプターで作動し、停電時は自動的に乾電池駆動に切り替わります。
  • ラジオ受信中または電源オフの場合でもデジタル簡易無線の受信が可能です。ただし、電源オフの場合は、緊急放送のみ受信します。(対応トランシーバーを受信機として使用時)
  • 緊急放送を受信した場合、音量ツマミの位置にかかわらず設定された最大音量になります。
  • 本製品は選択呼出装置(ユーザーコード、トーングループ等)を内蔵していますので、親局より選択呼出信号を受けたときのみ放送を聴取することができます。(対応トランシーバーを受信機として使用時)
  • 緊急放送/通常放送を自動で録音します。
  • デジタル簡易無線の周波数を最大3チャンネル登録することができ、複数のチャンネルを登録した場合は常に順番に受信していきますので、他局によるチャンネル使用を避けながら放送受信を行うことができます。
  • 通常はロッドアンテナを使用し、電波の弱い場所では外部アンテナも使用できます。(ロッドアンテナはデジタル簡易無線及びFMラジオ受信用です。特定小電力無線、アマチュア無線及びAMラジオは内臓アンテナとなります。)

■本製品、デジタル簡易無線用
戸別受信機について

  • AM/FMラジオ放送が受信できます。
  • 特定小電力無線機、及びアマチュア無線周波数の
    一部も受信できます。
  • 特定小電力無線機としても使用できます。
  • 通常は電源アダプターで作動し、停電時は自動的に
    乾電池駆動に切り替わります。
  • ラジオ受信中または電源オフの場合でもデジタル簡易無線の受信が可能です。ただし、電源オフの場合は、緊急放送のみ受信します。
    (対応トランシーバーを受信機として使用時)
  • 緊急放送を受信した場合、音量ツマミの位置にかかわらず設定された最大音量になります。
  • 本製品は選択呼出装置(ユーザーコード、トーングループ等)を内蔵していますので、親局より選択呼出信号を受けたときのみ放送を聴取することができます。
    (対応トランシーバーを受信機として使用時)
  • 緊急放送/通常放送を自動で録音します。
  • デジタル簡易無線の周波数を最大3チャンネル登録することができ、複数のチャンネルを登録した場合は常に順番に受信していきますので、他局によるチャンネル使用を避けながら放送受信を行うことができます。
  • 通常はロッドアンテナを使用し、電波の弱い場所では外部アンテナも使用できます。(ロッドアンテナはデジタル簡易無線及びFMラジオ受信用です。特定小電力無線、アマチュア無線及びAMラジオは内臓アンテナとなります。)
 
 
 
 

■特定小電力無線の通信に関する制限事項について

  • 3分制限(3分以上は連続で送信できません)
    10秒前に警告が鳴ります。通信時間が合計3分になると自動的に送信は停止します。中継通信の場合も連続した中継動作が3分を超えるとタイムアウトします。3分の通信時間制限により、自動的に通信が停止した後は、役2秒たたないと次の送信はできません。

  • キャリアセンス(受信中は送信できません)
    一定の強さ以上の信号を受信しているときは送信ボタンを押しても送信できません。受信中に送信ボタンを押すとアラーム音が鳴り、送信できないことをお知らせします。

■特定小電力無線の通信に関する
制限事項について

  • 3分制限
    (3分以上は連続で送信できません)

    10秒前に警告が鳴ります。通信時間が合計3分になると自動的に送信は停止します。
    中継通信の場合も連続した中継動作が3分を超えるとタイムアウトします。3分の通信時間制限により、自動的に通信が停止した後は、役2秒たたないと次の送信はできません。


  • キャリアセンス
    (受信中は送信できません)

    一定の強さ以上の信号を受信しているときは送信ボタンを押しても送信できません。
    受信中に送信ボタンを押すとアラーム音が鳴り、送信できないことをお知らせします。